本文へスキップ

オホーツク第三十二盛運丸へようこそ!!

北海道雄武町より

毛がに漁detail

ここだけの美味しさ・・・だから雄武沖

オホーツク海に流氷が残る3月末から始まる毛がに籠漁。10隻の漁船が水深100m以上の深い海底から前日仕掛けた毛がに籠を引き上げると、色鮮やかな毛がにが籠一杯に!漁期中で約170トンの毛がにがここ雄武町で水揚げされます。
この漁に使う餌はスルメイカ・スケソウダラ・キュウリウオなどを使い漁獲された毛がには数度の船上選別を行い市場へ出荷されます。この毛がに漁は、1期操業・2期操業に別れており1期操業終了後、20日間の自主休業をし2期操業となります。1期操業では「堅カニ」、2期操業では「堅カニ・若カニ」が水揚げされます。
尚、スライドにて毎年行われている「毛がにまつり」の様子も一緒にご覧いただけると幸いです。

スライドショーで閲覧できます
(写真上にカーソールを移動するとスライドショーは一時停止します)


画像の無断使用を禁止します。